Visual Studio Code Remote の Container を使って Vue.js の開発環境を構築する話

こちらは、 “ゆるWeb勉強会@札幌 Advent Calendar 2019” の 3日目の記事です。

以前にゆるWeb勉強会で “VSCode での Laravel 開発環境の作り方” を取り上げたことがありますが、今回はそれの “Vue.js” 版をまとめてみたいと思います。

実際は “Node.js” を使える環境が出来上がるので、他のライブラリやツールを利用する場合にでも応用できると思います。

“VSCode での Laravel 開発環境の作り方” の記事はこちら。

目的

  • 複数人で開発する場合の環境の統一
  • 上記準備の手間削減

環境

ローカル

マシン: MacBook Pro 13inch (macOS 10.14.6)
Visual Studio Code: 1.40.2
Docker Desktop (Comunity): 2.1.0.5

Visual Studio Code には Remote Development 拡張と Docker Compose 拡張がインストール済みの前提です。

ターゲット (Container内の環境)

Node: 12-alpine

このイメージを使うと nodenpmyarn がインストールされているので、最低限の環境は整っている状態です。あとは、各自が必要なパッケージをすぐに追加できます。

また、今回は 12系 の Node.js のイメージを選択していますが、もちろん他のバージョンも選択できます。必要なバージョンは Dockerfile 内の image のタグで設定できます。詳しくは、 Docker Hub の nodeのページ を確認してください。

手順

Vue.js の準備

まずは、ローカルでの作業です。

Vue CLI をインストールしておき、それを使って Vue.js のプロジェクトを作成します。

この時点で npm 使っているんで「すでに環境あるじゃん」ってなりそうですが、今回のことをやると「複数のバージョンを簡単に扱える」ということと、「複数人で環境を共通化できる」ということに繋がります。
なので、ここは目を瞑ってください。

$ npm install -g @vue/cli
$ $ vue --version
@vue/cli 4.1.1
$ vue create sample-vue


Vue CLI v4.1.1
? Please pick a preset: default (babel, eslint)


Vue CLI v4.1.1
✨  Creating project in /Users/[you]/projects/vscode/sample-vue.
🗃  Initializing git repository...
⚙  Installing CLI plugins. This might take a while...

yarn install v1.16.0
info No lockfile found.
[1/4] 🔍  Resolving packages...



success Saved lockfile.
info To upgrade, run the following command:
$ curl --compressed -o- -L https://yarnpkg.com/install.sh | bash
✨  Done in 17.11s.
🚀  Invoking generators...
📦  Installing additional dependencies...

yarn install v1.16.0
[1/4] 🔍  Resolving packages...
[2/4] 🚚  Fetching packages...
[3/4] 🔗  Linking dependencies...
[4/4] 🔨  Building fresh packages...
success Saved lockfile.
✨  Done in 3.64s.
⚓  Running completion hooks...

📄  Generating README.md...

🎉  Successfully created project sample-vue.
👉  Get started with the following commands:

 $ cd sample-vue
 $ yarn serve

$ code sample-vue

環境ができたら、下記のファイルを作成します。実際にこれが効くのは、デバッガを使うときです。詳しくはオフィシャルのドキュメントをご覧ください。

vue.config.js

module.exports = {
  configureWebpack: {
    devtool: 'source-map'
  }
}

Docker Compose

Docker Compose を使えるように、下記ファイルを作成します。

docker-compose.yml

version: "3"
services:
  node:
    image: node:12-alpine
    ports:
      - 8080:8080
    volumes:
      - .:/mnt
    working_dir: /mnt
    command: yarn serve

Visual Studio Code の準備

.devcontainer.json を作成します。これは、 Remote モードに切り替わった時の初期動作を定義するものです。

workspaceFolder を指定することで、アプリケーションのファイルだけが見える状態にしています。
extensions は、Remote モード切り替え後に使用する拡張を記載することができます。ただし、この拡張のインストールが “コンテナの作成時” のため、新たに書き加えた場合には、 docker-compose down などを実施してください。

.devcontainer.json

{
    "dockerComposeFile": "docker-compose.yml",
    "service": "node",
    "workspaceFolder": "/mnt",
    "extensions": [
        "msjsdiag.debugger-for-chrome",
        "octref.vetur",
        "dbaeumer.vscode-eslint",
        "editorconfig.editorconfig"
    ]
}

次に、デバッガを使う設定です。今回は Chrome でデバッグできるようにするための設定です。

.vscode/launch.json

{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "type": "chrome",
            "request": "launch",
            "name": "Launch Chrome against localhost",
            "url": "http://localhost:8080",
            "webRoot": "${workspaceFolder}"
        }
    ]
}

動作

では、実際に起動してみましょう。

VSCode の左下 >< をクリックします。すると、メニューが開くので、Reopen in Container をクリックします。

しばらく待つと、VSCode が開き直されます。
起動できたら、 App.vue を下記のようの修正しましょう。

17行目-21行目に methods ブロックを追加し、そのブロックに追加したメソッドを5行目で呼び出しています。
また、19行目にブレークポイントを設定します。(行番号の左側をクリックしてください。)

ここまでできたら、デバッガを開いてみましょう。

デバッガのタブを開き、緑の再生ボタンをクリックします。

しばらく待つと Chrome が起動し、ブレークポイントで一時停止します。

このように、停止中は変数の中身やコールスタックを確認することができるようになります!

まとめ

こちらでも “Dockerを使った開発環境の構築(デバッガつき)” を、とても簡単にできました。

この後は各プロジェクトごとに細かいパッケージの導入など必要になると思いますが、基本となる環境を手軽に構築できるのはとても良いですね!
ぜひみなさんも VSCode を活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください